初めて青汁を飲んだ時

MENU

初めて青汁を飲んだ時

私が最初青汁に抱いていた感想は大人でも顔に出るくらいに苦いものということでした。それは何故か言うと小学生の時にテレビで見ていた芸能人がやっていた罰ゲームで青汁が出て飲んでいたのを見たときに盛大に顔を苦さで歪めていたのを見たからです。

 

それから中学生になって暫くたった頃祖母が健康にいいからと通販カタログを使って青汁の注文をしました、それを見て自分も飲んでみたいと言う怖いもの見たさで飲んでみることにしました。祖母が注文した青汁は粉末タイプでコップに青汁の素を入れて水を入れるというものでした。

 

実際に青汁を飲もうとしたとき想像したのはテレビで見た芸人がとっていたリアクションからどれだけ苦いのかと言う思いと通販カタログに書いてあるキャッチコピーが本当なのかと言う少しの期待です。青汁を飲んだ感想はこの程度なのかと言う拍子抜けのような苦さと意外においしいという事実です。

 

自分が飲んだものがテレビで出てきたような苦いものではないというのも関係しているのかもしれませんが飲む前の方がよほど緊張していたと祖母に笑われたほどです。それからは毎日学校に行く前に一杯飲んでいくようになりました。

 

毎日飲むようになって一ヶ月くらいたってから気づいたのはたまに便が半液状で出ていたのが青汁を飲んでから便の形がきれいなままで出てきていると言うことと、たまにできていたニキビの直りが早くなっていることです。これに気づいてからは毎日飲もうと決めて今まで毎日欠かさず朝に飲んでいます。

 

青汁に関して満足できなかった点は毎日飲むのに最初に飲んだ青汁があまり内容量がなかった点です、それに関しては青汁がいっぱい入っているものに変えましたが変えたら少し青汁が苦いと感じるようになったので最初飲んだ青汁があたりだったのだなといまさらながら思います。