青汁で健康促進・便秘改善

MENU

青汁で健康促進・便秘改善

青汁を飲もうと思ったきっかけは、40歳を過ぎて健康診断でLDLコレステロールの数値が高かった事から、少し健康に関して真剣に考えようと思い行動に起こしました。家族もやはり、油ものを食べ過ぎている私に気を使いながら協力出来る部分で安価な青汁をお試しで買ってきてくれました。

 

その青汁を飲んでみて効果を確認した所、次の日の朝には便通が良くなって、1週間ほどで2キロほど痩せました。ステップとして安価な青汁を購入して飲んだだけでも自分自身でかなり満足いく結果であり、今度はステップアップして少し良い青汁を購入し様と1本あたり100円近くする青汁を購入してみて飲んだみました。

 

結果としては最初に飲んだ安価な青汁とそんなに効果は変わらなかったので、コストパフォーマンスを考えるとやはり少しでも安い方にして現在も継続して飲んでいます。味の部分で言えば、水だけで溶かして飲むと飲みにくい青汁であり継続して飲むためには、やはり牛乳などで多少味付けがある方が飽きずに続けられると思い牛乳で割って飲んでいます。

 

青汁単体では、水で割って飲むと青臭さが中々苦手で続けていく事が困難でもあり、そこは家族とも相談しながら牛乳を使わせてもらっています。牛乳もカロリーカットの低脂肪乳を使用したものを青汁様にしていて、価格も通常の牛乳よりも安く手に入ることから健康促進も実際に一本20円ほどの青汁と牛乳が10日で120円なので12円と20円の32円で一日一本使用して健康促進を図っています。

 

価格的なものでも、継続するうえで一日のコストが200円や300円ともなれば1カ月単位で考えて6000円や9000円と言ったお金がかかるので、1カ月1000円以内であればとても満足な成果ともいえます。

青汁を飲んだことのある方、体験談を教えてください。

私は、三か月前からアサヒ緑健の青汁を愛用しております。青汁を飲むきっかけとなったのは健康の向上と便のお通じが良くなるようにとの思いで始めました。最初の一か月はお試し期間ということで始められ、一か月分がだいたい3000円ほどなので金額的にも負担はかからず気軽に購入いたしました。

 

使ってみての感想ですが、毎日の朝食のあと必ず青汁一杯を飲むようにしていたのですが、体調不良が少なくなったのと便のお通じが良くなったのが驚きでした。また、職場など外出先でも使用するために空いたペットボトルを利用して青汁を外でも飲めるように使っております。

 

この青汁の特徴としましては粒子状になっており、水やお湯に割ることはもちろんですが、牛乳などにも混ぜ合わせることが出来るので、老若男女問わず誰でも飲めるものだと思います。さらに、青汁と言うとどうしても苦いといったイメージが浮かんでしまいますが、そこまで苦味も感じず、小さな子供でも牛乳などで割れば嫌がらず飲めるのではと素直に思いました。

 

良くなかった点、改善してほしい点としましては粒子がもっと溶けやすい性質にしてもらえたらと感じました。コップに入れてまんべんなくかき混ぜているつもりですが、どうしてもコップの底に青汁の粒子が残ってしまいもったいないなと感じるのと、コップを洗う際もやや面倒だなと思ってしまうことがありました。

 

細かいことで人によっては気にしない部分であるとは思いますが、私が感じる改善点は以上であります。最後に値段的にも手ごろであるし、実際に飲んでみると美味しいと驚くと思いますので、今まで使ったことがなかった方も是非一度だけでもためしてみてください。日々の体調管理に大きな変化をもたらすと思いますよ。

青汁で本当にLDLコレストロール値が減りました

20代半ばの健康診断で、LDLコレストロール値が145もあり、ショックを受けたのがきっかけで飲み始めました。

 

LDLコレストロール、いわゆる悪玉コレストロールは診断書の説明によると119以下が正常・・。
少しくらいのオーバーならともかく20以上数値が上なんて。

 

当時小さな広告代理店に勤務しており、人手が足りず、深夜まで働いていて食事の時間が不規則だったとはいえ、自分では健康に気を使っているつもりでした。

 

女性として、スタイルも気にしていて身長は160センチそこそこ、体重は54キロ〜57キロでした。

 

スリムではありませんでしたが喫煙もしないし、お酒も会社の飲み会がなければ飲まないタイプ。
甘いものも、そんなに好きではありません。パフェは一人で全部食べ切れたことがなく、体重の変動が子どもの頃からあまりないので、油断していました。

 

まだ20代なのに、コレストロールのこと気にしないといけないの!?と焦って、会社の人と週に一回のピラティス、そして青汁を通信販売で購入して飲んでみることにしたのです。

 

当時、青汁がすごく流行りだした時期で、あまり抵抗なく最初から1箱30日分買って朝飲み始めました。豆乳(調整)と混ぜるのが好きで、コップ一杯毎日飲んでいました。
青汁の種類は「ケール」が主成分のもので、すっきりとしていて鼻に苦みが上がってこないのが良かったです。

 

時々会社に持って行って、お湯でとかして深夜仕事の時も夜食に添えて飲んでいました。

 

私は、ヨーグルトに入れる方法は好きになれなくて、ほぼ飲む方法で取り入れてました。
1年後、ピラティスはあっさり挫折し通わなくなったのですが・・・健康診断を受けた結果。

 

体重はやや減、問題のLDLコレストロール値は90に減っていました!

 

はっきりいって、その当時青汁以外体にいいことは何もやってませんでした。
だから、単純に青汁が良かったんだと思い、今でも時々間をあけつつも、飲んでいます。ドラッグストアの色々な種類のものを買ってみたり・・・。

 

青汁を朝飲むことでお通じは良くなったな、と感じていましたが、悪玉コレストロールも減らしてくれるとは思いませんでした。

 

夜飲んでいたのも、胃によかったし、空腹が抑えられて夜食の量が減っていたのかな?と分析しています。
人に勧めると、どうしても「粉っぽさ」が気になるといわれます。溶かしても溶かしても舌に残る、と。

 

今、世の中に出ている商品はかなり溶けやすくなっていると思うんですが、もっと「さーーっと」溶けていく青汁が出たらいいなと思います。